行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
積極思考の維持
人間に関わる物事、中でも個々人にとって重要だと思われる物事は単純ではありません。

いろんな物事や人が関わって成り立っています。
だから複雑です。

主観的には単純明快に見えたとしても、現実はそうではなかったということが殆どではないでしょうか。

確実な材料をもって始めたと思えることでも、実は当時見えていなかったことが後になって分かるということがあります。
関わる人の心身経済状況や物事が変化することは不可避であり、それによって流れが変わることがあります。

もちろん、ピンポイントで、「これが欲しい」「こうでなければイヤ」ということも大切なことですし、それを達成させることは素晴らしいことだとは思います。

しかし、見込み違いや状況の変化はつきものです。
問題は、万が一そうした見込み違いや状況の変化が生じたときの対処。

見込み違いにがっかりして放り投げてしまっては元も子もありません。

新たに分かったことをもとにして、さてどうするか。
大事なことは、正しい現状認識をした上で、現状の中でのベストな道を探してみる。
現状を踏まえた上で、獲得できる最大限の未来を描くことができるかどうか。
自身の目標を一段高次元に抽象化して、新たなテーマ、目標、ゴールを描くことができるかどうか。

ひと言でいうとしたら、積極思考の維持、と言えましょうか。

適切な助言をくれて、一緒に闘ってくれるコーチのような人がいたら心強いですね。


訴訟事件等の紛争事の解決に当たっても言えることのように思います。
(一般の企業、個人のレベルでは当初の見込み通りのまま解決できる事件は意外に少なく、思いがけないことはしばしば起こります)(調査会社や専門機関での調査報告を通しての事件であればそういったことは少なくなりますが、それでも単純には進んでいきません)

私にも草野球や武術のコーチがいます。
私もクライアントさんたちのコーチでいられたらいいなと思っています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-06-21 17:37 | 日々雑感
<< 名古屋城に残る自然 咲くべき花は咲かせましょう >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.