行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
同時並行処理と一点集中処理
私たちの仕事は、常に多数の事件を同時に扱っているので、同時並行処理ができなければ仕事にならない。

けれども、事案により、その時々の体調や気分により、同時並行処理が辛くなることがある。
辛くならなくても、どうしても集中してやらなければ処理できない難問に遭遇することがある。

そんなとき、私の場合、打合せ室が2つあるので一方が開いてさえ入れば、パニックルームのようにそこに逃げこみ、難問にとっかかりができるまで篭る。

こういう時に、独立していてよかったと思う。
イソ弁時代であれば、なかなかそういうことができないから。
(でもイソ弁ならば早々にボスに投げ返してしまうという手もあるか…)

仕事をしている限り、悩みは尽きない。

生きている限り、悩みは尽きない。


悩みと適切な距離を置き、気にしすぎず、いい加減にならず、「ちょうどいい加減」でいるのがよさそうだ。

今月、休み明けからは一点集中主義を試している。
期限の近いものから順々に。
質、量で重いとか、軽いとかを考えることなしに。

明日からは、量の面で際立って重い仕事に着手する。
どんどん書いていく。
期限が近くなった分、着手したら猛然といく。

そのために、今日のけじめをしっかりしておかなければ。


歳をとるとよく「ヨッコラショ」と言うけれど、その説のとおり、私も「ヨッコラショ」をこの場を借りて行った次第であります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-05-16 17:57 | 日々雑感
<< マインド、ハート、ボディ。 破産事件の難しさ >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.