行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クライアントへの説明と聞き取りの際に注意する点
クライアントへの説明や事情の聞き取りはどんな業種でも大切です。

私も、十分に注意して説明させて頂き、お話を伺うようにはしています。


事務員さんから聞いた、以前実際にあったクライアントからの以下のような電話。

「あの、さっき弁護士から聴いたときはわかったつもりだったけれど、よくわかっていなかったみたい。弁護士にもう一回聴くのは恥ずかしいので、教えてもらえますか?」



こうやって問い合せて頂けるだけでもありがたい。
気づかないまま仕事を続けていったら、思わぬ事態にもなりかねません。

事務員さんからの指摘で、クライアントが本当に理解されているか、また聴くべきことをすべて聴けているかについて一層注意するようになりました。

重要な事柄については、打合せメモを書き、事件記録に残し、事件によっては、メモをもとにした打ち合わせ記録や一般的な説明事項書の交付に受領書の受領もしています。

それでも、枝葉末節や傍論と思われる事柄についてはそこまでしていません。

今日は、複数の弁護士での共同受任事件で、事件の本題ではない部分(関連するけれども別件)のことで、クライアントが当然ご存知であったと思っていたことがそうでなかったと分かりました。
まだまだでした。

クライアントに対しては、どんな些細なことでも、恥ずかしさ、バツの悪さを感じさせないで、率直に質問してもらえるような態度、雰囲気で応接するように十分注意しなければならないことも思った次第です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-05-11 20:15 | 日々雑感
<< 負けないこと 「師」を持つこと >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.