行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
General Lawyer
アメリカ人弁護士で、Agricultural Lawyer 農業弁護士という人がいる。
私がツィッターをはじめた頃、日本人が少なくて、外国人ばかり繋がってきてくれたのだけれど、そのなかの1人がそうだった。
(今はフォローを特に近しい人に限られているのか、フォローもフォロワーも少ないようだ)
(私が何度かメッセージをやりとりした方とは別人かも)

農業に関わるありとあらゆる問題のみを扱うという。

アメリカには、日本にあるような法律関連の弁護士以外の資格は無いようで、Lawyerという枠組みがあるだけ(日本の法曹人口少なすぎというCMはLawyer資格一本化の諸外国と色んな法律関連士業種がある日本との違いを無視してるのではないか)。
だから、法廷活動や示談交渉といった法律事務だけではなく、日本では他の士業が行っている許認可の申請、届出、手続代行事務も扱う。

分野を狭く絞って、何でも扱う。
これからは、日本でもそういう弁護士が出てくるかも知れない。

他方で、どんな分野でも扱っているという弁護士は、General Lawyerというらしい。

私もその1人。
これがやりたい、というものがなかったかといえば嘘になる。
これからは考えていこうかと思ってはいるけれども、むしろ、ご縁を頂いた方や企業の依頼に応じ、そうしたクライアントの期待にこたえていくことに精一杯であった。
そして、クライアントが様々なタイプであって特定の事件への偏りが少なかったために、「これが専門」 といえるまでのカラーにはなっていない。

General Lawyerで日本風に言えばマチベンであるのだけれど、それはそれで満足をしている。
やっぱり、まずはご縁を頂いたクライアントさんのニーズが初めにありき。
お陰さまで、そんなスタイルでいても、面白い事件、変わった事件や様々な出来事に遭遇させて頂いた。

これだけ弁護士が沢山いるんだし、ご縁がなければ一緒に仕事をさせて頂くということはないわけで。奇すしいご縁で仕事をさせて頂く間柄になったクライアントさん、リピーターになって下さっている企業や続けて親族や友人知人を紹介下さる個人のクライアントさんのその時々のリクエストにまずは応えていくだけ。
コテコテのルーティンのようで、事件はみな違うし、時々、わくわくどきどきするような瞬間もある。
医師等の他分野の実務家や学者・研究者とチームで仕事をさせて頂けることも結構ある。

General Lawyer でマチベンでも、やりがいは大きいし楽しくもある。
(辛い時もあるけれど)
常に+α を意識しつつも、目の前にいる人と企業を大切にがんばっていきましょう、General Lawyer にマチベン若手同業者のみなさん!

でも、◯◯Lawyerというのも、やっぱりちょっとかっこいい、かな…。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-05-10 19:23 | 日々雑感
<< JR四日市駅レンタサイクル 証拠がいのち >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.