行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
現実に即応する、豹変するということ
物事の進み方は一様ではない。

異論なく一直線に最後まで進むことばかりではない。
むしろ、そういう進み方をするものはまれである。

途中の道すがら、事情が変わったり、アクシデントが起こることがある。
開始時には想定していなかったことが、途中で判明することがある。

目的を達成するために、あるいは事情変更にかかわらず、よりよい結果を得るためには事実を直視していくしかない。

現実を前提にしつつ、最善を追求していかなくてはならない。

君子、豹変する、という。

経営者は、ビジネスマンは結果責任。
だから、結果のためには豹変、つまり現実に合わせて変化していくことが必要だ。

時に、朝令暮改。
当初の考えに固執し、現実を見ないで突き進んで被害を広げるようなことはすまい。

常に現実を前提にして取りうる最善の方法をもって最善の結果を追求し、かつ他人には良心にのっとって最善の方法をアドバイスできるような者でありたい。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-05-05 23:44 | 日々雑感
<< 弁護士の仕事と時代の流れ プラナリア、ご存知ですか? >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.