行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
職人魂三河のエジソン
e0026495_11501764.jpg
「思い立ったらすぐやる。必ずやる。風を入れずにやる」

「落ち込みをなくすことではなく、眠っている心を引き起こすことが大事である」

(加藤源重・ 福祉工房あいち)

源重さんは、右手指を事故で無くされています。

これまでどおり、何でも自力で出来るように、自助具を製作。

以後、大勢の人のために自助具を製作。
三河のエジソンと呼ばれています。


ご本人はとても穏やかで優しい方。

自助具の解説では、小声ではありますが、熱く、丁寧に語ってくださったのを思い出します。

もう一つ思い出したのが、冒頭の言葉の書を頂いたときのこと。

額入りは1000円、額無しは源重さんが無料で下さいました。
額入りを頂こうとしたら、とてもばつが悪そうで、顔を横にされました。
ご自身の言葉、ご自身の書なのに…。

今になり、釈然としない気持だったのが晴れつつあります。

源重さんは、「道楽で書いたもんだでねぇ」というようなことを言われていました。


『自分はもの作り、発明品を作る職人だ、道楽の書を評価されたら恥ずかしい』
そんな風に思っていらしたのではないか、と閃きました。

『道楽だって何だって、元気を頂きありがとう』そう、書を見ながらいつも思います。


3月にモリコロ祭でお目にかかったきりですが、絶版になっているご著書を古本で買いました。

源重さんのお話が蘇ります。

負けない心、職人魂が伝わります。

またお話を伺いたいと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-21 09:14 | 日々雑感
<< Magic Mouse(マジッ... Face Book の 面白さ >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.