行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大学は仲間を作るところ
e0026495_18283951.jpg

例により、文藝春秋の3月号を読む。

芥川賞作品目当てではあるが、今年は、佑ちゃんの記事からだ。

前早稲田監督・應武篤良さんの手記。

こんなくだりがある。
「私は斎藤が入学してから、『大学は仲間を作る所なんだ』とずっと言ってきました」
「(自分のような年齢の)今になると、授業のことなどほとんど覚えていない。それより、卒業後の人生を想像しながら夢を持って朝までお酒を飲んで語り合ったり、時には喧嘩して、信頼できる人を見極めていく。それが大学の役割ではないかと私は思っています」


最後の、『大学の役割』は当たらずとも遠からじ。
本来の役割は、専門教育であるし、研究者の育成であろう。

しかし、誰もが研究者になれるわけでなく、夢破れ、実業界に方向転換したり、そもそもが研究者になろうなどという思いを一度も抱くことなく、大学を卒業していく学生が大多数。

社会に出る前に、教養を磨く場としての大学という位置付けになるのだろう。

私もそのクチであった。


だからこそ、應武さんの言葉はよくわかる。

教養を磨くだけでなく、多感な若い時代に沢山の幅広い出会いが広がっていく始めが大学でもある。

教養と仲間作り。
これが、一般的な学生にとっての大学の意義なんだろうと思う。


ただ、自分自身の大学時代を思い返すと、いささかどちらにも不十分だったと反省の念が込み上がる。

より不足が多い教養については、今更ながら、これからまたがんばろうと思う。

一生が勉強。
死ぬ直前が一番賢い。
(同年齢の漫画家三倉佳境作・関節王「柔術の道は一生が修行。死ぬ直前が一番強い」のパクリ)
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-02-11 18:28 | 日々雑感
<< 堕落論 初草野球 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.