行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
菅原道真公・御歌「祈らずとても神や守らん」
e0026495_8264377.jpg

今日の朝日新聞、朝刊・尾張知多版に、津島市神守地区の市民団体が出版した「神守の昔話」が取り上げられていた。

神守の地名が、菅原道真公に因むとあり、さらに私の大好きな和歌が紹介されていて驚いた。

「心だにまことの道にかないなば祈らずとても神や守らん」

道真公のご息女が津島に流されて来られたという。
そして、道真公のこの和歌を人々に伝えたらしい。



多分だが、憐れみを注ぐ村人に、きっと気丈に、父上の和歌を口にし、村人に教えられたのだろう。

「神や守らん」

そして、その地は神守と呼ばれるようになったという。


ただ果たして村人には、和歌の真意まで伝えられたのか?

父上が神となり、全ての誠実であろうと真摯に生きる人々の守りとなるのだ。

国のため、帝のために誠実に勤めながらも、讒言により失脚させられた道真公が、自分のような者が二度と出ぬよう、自ら怨霊の神となり、全ての誠実な者達の守り神とならんという誓いと覚悟の歌。(立花大敬師・延命十句観音経~楽々いのち)


父上とは離ればなれになっても、父上の御霊は、常に私と共にあるのだ。
私だけではない、全ての心が真っ直ぐな者達とともにあり、必ずや神、神々をも動かしお守り下さるのだ、とご息女は考えられたのではないか。

まだ道真公が天神と祀られていない時期であったろうから、多分真意はまだ伝わえられなかったかも知れない。
かの本を読むのが楽しみだ。



報われない思いを抱えた人は、道真公を思うべし。
そして、道真公に触れるべし。

天神さんに誓いを立てるべし。
負けない心で立ち向かうべし。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-10-30 08:26 | 日々雑感
<< 名古屋・堀川中橋 路地裏の風景 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.