行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人の出会いと別れ
e0026495_8591747.jpg

今朝は大垣支部に向けていつもと違う経路で移動中。

この時刻、同じ駅で某審議会の先達、会長だった方にお会いしたのを思い出す。

今年度退任された。
2期ご一緒でその議事運営や物腰から多くを学んだ。

会議の前後に議題について、時事問題について世間話をしたとき、駅でお会いしたときも、常に会議中と変わらない、親切で温かい態度物腰だった。

密かにお手本にしたいと思っていた方だった。
元々公務員で定年退職後に審議会委員となられて十数年、同審議会をリードされた。


審議会の任期は2年。
委員の幾らかは入れ替わる。
一気に変わり混乱することのないように、少しずつ。

今年度は、私が所属する3つの審議会で2人の会長、1人の有力な委員が退任された。

他の会長、有力な委員は共に学者。
やはり、論客であり、筋道が通り、データをもって語り、厳しくも常に建設的な意見を言われていた。
お二人には気品があり、現状をデータをもって正しく認識しつつ、妥協、追認に終ることなく、さらに理想を追求するご姿勢には背筋が伸びた。


いずれの方々も、長年関わられ、年齢や健康を理由に勇退されていった。



審議会委員は、余り横の繋がりはなく、個人的に他所で話したりすることはない。

馴れ合い防止にもなり、良いことでもあるが、退任に際しても、知らされるのは、事後になりやすい。

退任は、事務局と本人との間で事務的になされる。

退任挨拶も送別会もない。
新年度に審議会に出席すると、机の上の名札が変わっていて気づく。遅参するならば、新人ばかりに目がいくと、別の会議室と間違ったかと焦ったりする。


何期かご一緒すると、お住まいの地域位はわかるが、特にご本人に求めない限り、連絡先を知ることはない。


こうして、お別れの挨拶の機会もなく別れると、思いは残る。


たとえ機会があったとしても、寂しいがけじめは着く。
良い思い出を取り出して懐かしむこともできる。


何となく引っ掛かりが残る。

せめて思い出す度に、お三方のご健康と平安を祈ることにしようと思う。




※画像は、途中乗換駅の名古屋駅。現在、ホームのきしめん屋では大盛り無料サービス中。340円でお腹一杯は嬉しいことです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-08-12 08:59 | 日々雑感
<< 【写メ】大垣・いつもの風景 神社のクマゼミ >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.