行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
情報の正しさには注意する
6月5日、ツィッターで以下のようにツィートしました。

>「0時前に寝ている人は、たとえ4、5時間の睡眠でも、0時以降に7、8時間寝ている人に比べて免疫を作るリンパ球の数値が高い」(安保徹の免疫力を高める食べ方)だそうな。早寝早起きが望ましいようですね。
※「安保徹の免疫力を高める食べ方」 リンク

すると、沢山の方から共感を得られた後で、医師、医学生の方々から反論が出されました。
腫瘍内科医の上野直人先生が、安保先生の上記ご見解の論拠となる論文 (※)をお教え下さいました。

上野先生と医学生のMさんには、親切丁寧にお教え下さり、とても感謝です。

詳細は、私の6月5日のツィッター履歴をご覧頂ければとは思いますが、要するに「科学的データ」「実証的データ」が乏しい見解であったようです。

今朝、丁度新聞で上野先生の記事を拝見しました。

私のツィートです。
>「20〜30代の乳がん検診の有効性に疑問」TBSのキャンペーンに上野直人先生らが見直しを求め要望書。一般的網羅的な検査は利益よりも放射線被曝とストレスによる不利益が大。血縁に乳がんが多く、胸に違和感ある等の場合のみ有用か。TBSは反論の余地なし、と(朝日新聞10日朝刊より)。

今日は、科学的データ、実証データの重要性を改めて考えました。
色んなメディアで、色んな情報が、もっともらしく、面白く伝えられています。
しかし、時には有害な情報であったりもします。

日常生活のあらゆる場面で、科学的データや証拠を求めて行くと人間関係が壊れてしまいかねません。
しかし、信頼しても依存しない。
できるだけ、内心では、科学的データや証拠を確認する姿勢を維持するようにする。

情報が氾濫した時代であるだけに、心したいですね。
安保先生のご説は、昔から言われた健康的な生活の勧めであって害悪はありません。
しかし、世間で流されている情報によっては、健康被害や経済的損害が生じかねない情報もあります。
(先のTBSのキャンペーンには一般的には不利益の方が大きいようなのです)


なお、ツィッターでは、操作誘導的な情報に満ち溢れた今の時代、改めて中村天風師が言われた、「はっきりした気持ち」で生活することの大切さをツィートしておきました。


全国士業のつぶやきポータルサイト
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-10 13:17 | 日々雑感
<< 体育会系らしく 今年ももう半年 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.