行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Twitter 第2次大流行中?
このところ、週刊誌、雑誌でもツィッターが取り上げられています。

少し前にテレビで取り上げられ、一段落したと思っていました。

実は私は、第1次ブームのさなか、初心者でした。
(今も余り変わらない初心者から少し出たくらい)

第1次ブームという定義が正しいかどうかわかりませんが、勝間和代さん(@kazuyo_k) と広瀬香美さん(@kohmi)さんが利用されるようになって、爆発した昨秋は凄い盛り上がりでした。

私が利用するようになったのが、去年の5月ころ。
(@BengoshiKH) (Hideo_K)


明日は某新聞社の方がツィッターについて聞きたいということで、当事務所にいらっしゃいます。
ツィッター論は出尽くした感もありますし、私には技術論も語れませんが、「名古屋でツィッターを利用する弁護士」というのがキーワードらしいです。

同じ丸の内界隈、某法律事務所のツィッター仲間のI先生にも取材をされるそうで。

ツィッターは、情報発信の道具でもあり、収集の道具でもあります。
双方向であり、同時的であり、世界的です。

まだ試されていない方々、試す価値はあると思います。
私も1年利用していますが、一時的に飽きることもありますが、やはり利用し続けるのではないかと思います。

「人間はだれしも表現したい」
「人間はだれしもだれかと繋がっていたい」
そんなことを言った方がいますが、そのとおりだと思います。

ゆるいけれど、物理的にも、時間的にも広大無辺な範囲で繋がってしまうことができるツール。
これからもっと一般化してくのではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-04-29 22:10 | 日々雑感
<< Twitterについての取材終... タンポポ >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.