行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
慌ただしい時こそ淡々と
月曜日は概して忙しいです。

週末で止まっていた電話連絡、ファックスが一斉にやってきます。

朝から裁判所に出ていましたので、帰ってからの午後は、予定された仕事の合間に電話やファックスでの問い合わせやリクエストに対応していきます。


仕事を如何に効率よくするかというテーマはいつも考えていますが、効率化がよく効くのはルーティンワーク。

それ以外の仕事をどう効率化させるかというのは難しい問題ですね。

いっそ効率なんて考えない。
それも選択の1つかも知れません。

ストレスをできるだけ感じないで、多くの仕事を処理できるのであれば、それはそれでよいこと。

1つ1つの頼まれごとに誠実に、かつストレスを感じないで、流れる水のように仕事に当たって処理していかれるのであればそれはすごいことかも知れません。


予定外、予想外の出来事をできるだけ少なくする。
日々十分準備して、常に備える。
これは大事ですね。

でも、人間相手ですし、人間のすることですから、すべてが機械のようにはいきません。

ですから、予定外、予想外の出来事が起きても、できるだけ慌てないでストレスを逃がしていく。
ストレスを逃がし、心を軽くすることで、心身の稼動効率が良好な状態を保つこと。
できるだけ淡々と冷静にいること。

そうやって、もう少し頑張って行ったら、何かまた違った景色が見えるかもしれないと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-03-01 20:30 | 日々雑感
<< ゆとりを意識的に作っていく 普段からの心がけ、その再確認 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.