行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事において後悔せず、か。
私自身、事において後悔せず、とはとても言えません。

一般的に、後悔のない人生は存在しないのではないかと思ってます。


自分で全てコントロールできていることであれば、完全に自己責任であり、後悔も少ないのかもしれないなとは思います。
しかし、仮に万が一そういうことがあったとしても、やっぱり「あのときこうしておけば」ということは生じてくるように思います。


翻ってみて、後悔ということは、悪いことでしょうか。
私は、後悔という過去否定を経た、改善の努力こそが本当に力になり、身になるのではないかと思います。


Twitterで知り合ったアメリカ人の方から、「あなたは、a happy Personだ」と言われました。
日本語で直訳すると「おめでたい人」ともとれそうで、頭を抱えました。
まるで悩みのない人のように見えるのかなと。

反省や後悔の多い人生の中で言えることは、「全力を出すこと」。
「全力」を出して当たった結果については、たとえ満足できなくとも、失敗があったとしても、反省や後悔はしても、それに潰されることは考えにくいですし、取り越し苦労に陥ることもないのではないかと感じています。

あくまでも感覚でしかありません。
ただ、「全力を出す」ことで心にも筋力がつくのではないか、意識の上で吹っ切れる感覚が生まれるからではないか、とか思ったりします。

生きていれば、不完全な人間であることから、反省や後悔は不可避。
でも、少なくとも「全力を出す」ことを意識していれば、もやもやに悩まされることははっきりと少なくなっていくのではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-01-21 18:39 | 日々雑感
<< 懐かしい指導弁護士に会う 自戒の気持ちを常に >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.