行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マシンと化する
今日は4件の相談、打ち合わせの他は、書面作成の日。

ひたすら、相手方の主張を読み、類似事件の裁判例を読み、使える部分を引用して打鍵する。

昔、修習中にお世話になった当時部総括判事が、「一体どれだけ判決を書いてきたことか。全く起案職人だ。無形文化財として表彰してもらいたいくらいだよ、」とため息をつかれたのを聴いたことがある。
手書きの時代の方が長い方だったのでなおさらご苦労は多かったのではないかと思う。

情報も多く、コピペも可能な現役法曹は恵まれている。
それゆえに、職人というよりは、マシンか。

私は、修習時代は、研修所、実務とも、担当教官に恵まれた。
かの部総括判事も、温かいお人柄の方であった。
(退官されたから言えるけど、本当に感謝)
私の起案は全く使えなかったらしく、冒頭と最後以外は別ものの判決文になったが、勉強になった。

今日の自分は、マシンだと思ったが、手書きの職人の方がずっと偉い。

もう少し頑張ろう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-11-20 19:32 | 日々雑感
<< 原点に帰る 与えれば還ってくる >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.