行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タイムラグのお詫び
今日は、朝は委員会、午後は名古屋地裁本庁、一宮支部と外にいました。

事務所に帰ってくると、電話メモやファックス。

「至急」「直ちに」「今すぐ」という文字が踊ります。
色んな事情があるのはわかります。
でも、ジャストオンタイムで全てにお応えし切れない場合もあります。

少しだけお待ちいただければ、最上の対応をさせていただけると思います。

人には様々な立場があります。
様々な状況に置かれています。
様々な立場、様々な状況から、「至急」「直ちに」「今すぐ」というご連絡を頂きます。

弁護士もサービス業ですから、顧客や顧客の事件処理に必要な限度で相手方との事務連絡に懸命に当たります。
それでも、「至急」「直ちに」「今すぐ」にお応えし切れない場合も出てきます。
弁護士、法律事務所側にも目の前の他の顧客、法廷活動、会務等、様々な立場や状況があります。
顧問先様の緊急案件では、意識しておりますが、急なご相談や、予測外の事態の場合にはいくらかタイムラグも生まれます。

ですので、時として、「至急」「直ちに」「今すぐ」にお応えし切れない場合はどうかお許しくださいね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-11-17 18:11 | 日々雑感
<< 雨のち快晴 後世に伝え遺すもの >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.