行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
任意整理、民事再生、破産での受任事件の難化傾向
このところ、借金整理関係の相談案件が減ってきています。

借金整理に特化した大量宣伝法律事務所に事件が集中しているのかも知れませんね。
適材適所、相性、いろいろありますし、何よりも相談者が法律事務所を選ぶべきだと思うので、いろんなスタイルの法律事務所ができて相談者の選択肢が広がったことはよいことです。

私の事務所で大量宣伝をしようとは思いませんし、短期的な業績ベースは別として、長期的に有意義な進み方であるとは思っていません。

これまでどおり中小零細企業の法務、契約紛争、破産、民事再生や個人の方の契約紛争、離婚、相続、借金整理事件など、民事事件全般をフルサービスで提供できる事務所でありたいと思ってます。


それはそれとして、思うことは、借金整理事件の相談者が減っただけでなく、最近お越し下さる方の相談が難しい内容になってきていること。

別の法律事務所で断られて来られた方もみえます。


一定以上の規模の事件、問題点の少なくない事件は、オートメーション的な処理は不可能です。

比較的大きな規模の破産事件、民事再生事件は、マンパワーが大事で、訓練された事務員がいて、いざとなれば一気呵成に進められる態勢にある事務所でなければなりません。
又、問題点が少なくない事件では、とりわけ債権者との交渉を粘り強くやっていくだけの体力、気力も必要です。

事件数は少なくなってきてはいますが、破産、民事再生事件は、処理後の当事者関係者皆さんの安堵した顔を拝見するのが何より。
だから、この種の事件はおもしろいと思います。

そして、中でも大きな事件、難しい事件で選んで頂けて光栄だと思っています。
受任事件の難化傾向はむしろ勲章です。

経営的には簡単な事件で大量にこなしていくのがいいかも知れません。
しかし、それではスキルが向上しません。


私のモットーは、「一生が修行、死ぬ前が一番賢い」。
だから、今の状態がよいのです。

本当に困った方にお越し頂ければ幸いです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-11-11 15:23 | 日々雑感
<< 一日の終わり 日々更新ツィッター11/11 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.