行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
破産か再生か。
民事再生を選択できるケースかどうかは、「再生の可能性」の有無、具体的には事業継続の可能性・展望があるかどうか、で決まります。

借金返済をストップすれば、利益が出る状態かどうか、がまず重要です。

事業継続の意欲と、事業継続の客観的可能性がゼロではないということであれば、まずは民事再生を考えてよいと思います。

ただ、「民事再生」→「事業再生」というパターンだけではなく、「破産」→「事業再生」というパターンもあって、法人から個人事業へとスケールダウンしつつも事業再生をしたいという場合や、別会社に事業承継が許される場合には、「破産」→「事業再生」という方法もとれないわけではありません。

その場合、事業用資産が事実上無でも可能な事業であるか、事業用資産が代替可能であるか、第三者により買い上げ+当該第三者よりリースを受けることが可能であるかどうか、等も検討事項となります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-10-15 20:40 | 日々雑感
<< 懐かしい昔のこと 破産事件について >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.