行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今ここを生きる
今日は、改めて「今ここ」ということに意識が向きました。

「今ここ」にある全てのものに意味のないものはありません。
何らかの原因、因果があってここにある。

良い悪いは別としして、好き嫌いは別として、現実にそこにある。

こんな顔嫌だ、日本人嫌だ、とかいろいろ現状に文句を言ったところで、そうなんだから仕方が無い。

あるがままをまずは受け止める。
受け止めて、受け入れて、前提にして、心から離し、捨てて、ゆだねて、先に進むしかない。

人間の身体の細胞は日々変わっていて、明日の自分は、もはや今日の自分ではないといいます。
そうなっているのです。
自分の意志に関わらず、生きている限り、勝手に進んでしまう。変わっていく。

変わっていく「今」だから、「今ここ」にあるもの、人、ことを大切に。
「今を念入りに生きる」とは、よくいったものです。
「今」に「心」込めるのが「念」。

でも、「念」はそこに留めないで。
とどまったならば、とどまったところは「今」ではなくて、過去、昨日だから。


「今」に「心」を込め続けていくと、「念」は自然と流れていく。
過去に残った「念」は、ドミノのように次、次、次、と移っていく。
倒れつつある瞬間のドミノが「今」。

「永遠に続く今」を生きていく。


「今」を確かに生きていますか。
目の前にあること、もの、人を大事にしていますか。
大事にするとは、どんなことですか。

チャンスを存分に使い切ることではないかとふと思います。

生成、進化、発展、向上する。限界まで。
楽にする、心を軽くする。
周りの人がそうなるお手伝いをする。
愛する。
一緒に喜ぶ。

1ミリでも魂が前に進めばよしとしましょう。
善悪道徳ではなくて、そうすることが楽だから、得だから。

転がっていく「今」に乗っかっていく、楽しく波乗りしていくように、明日も生きられますように。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-10-02 20:33 | 日々雑感
<< 友人の訃報 Twitterviewのまとめ... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.