行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
破産すると、人間失格?!
週末にあるご相談者が言われました。

「破産すると、禁治産宣告を受けるんですよね。後見人がついて、何かと不自由になるのんでしょ?宅建試験で勉強したんですよ。人間失格だよね。」

わたしは、驚きました。
「と、とんでもない!それ、どこの国の法律ですか?いつの時代の?」


破産手続は、ペナルティ(罰則)を課したり、要注意人物としてマークするレッテル貼りのために存在するのではありません。
破産手続は、不幸にも、借金で生活が立ちいかなくなった人の再起を応援する制度です。

現代社会では、借金で行き詰まることは経済的な病気と同じ。
誰にもあり得ることです。
それがどこまで行くか、つまり鼻風邪程度で済むか、肺炎にまでなるか、入院しないと行けなくなるかの違いがあるだけ。
現代のようなスピード社会では、手当を誤ると、個人がコントロールしきれないくらい
のものすごい速さで悪くなって行ってしまいます。

破産しても、生活自体は殆ど変わりません。
もちろん、破産手続中は(それも長くて1年、短くて半年)一定の仕事には就職できなくなります。また、余計な財産は、処分して債権者への返済に当てるよう命じられることもあります。
しかし、家具や什器備品類はまずそのまま使えますし、会社もクビになりません。お子さんにはたいていは影響ありません。(例外もごくわずかだけどあります)(これはお尋ねください)

破産手続を終えられた方のほぼ全員が、「どうせなら、もっと早く手続をしておけばよかった!」とおっしゃいます。

今の生活に何らかの問題を感じていらっしゃる方、ご不安のある方は、専門家に相談することが大事です。
相談すれば、必ず新しい発見があります。
その上で、さらに検討し、ご自分の進まれるべき道をご自分で選択されればよいだけのこと。悩んでいるだけではそのままですから。

法律問題なら、弁護士会。
税務問題なら、税理士会、、、、。

世の中はどんどん変わっています。
ただでさえついて行くのが大変です(ただ、ついていくこと、自分が変わっていくことを「楽しい」「快い」と定義してしまうとラクですね)。
時は金なり、時は全てなり、時は人生そのものなりと言われるくらい重要です。
悩んでいることは立ち止まっている状態ではなく、バックスライド(後ろへズリ落ちて行く)状態に等しいです。

各専門家の無料相談も充実してきていますので、勇気を持って各機関にご相談になってください。
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-09-26 14:03 | 日々雑感
<< 大学の講義 休日に読んだ本2 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.