行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
弁護士へのアクセスは容易になったか
テレビに出演する弁護士も数が増え、ネットを利用する弁護士が増えてきました。
また、弁護士の広告も増えてきました。

弁護士の露出、広告が増加し、一般には弁護士へのアクセスが容易になったとは言われています。

それでも、まだ私の事務所に来てくださる方の中には、「弁護士は敷居が高い」とおっしゃる方がいます。

そこで、弁護士会として、いろんな催し物や対外宣伝を始めているところもあります。
確か新潟弁護士会等が行っていたように聴いています。


私は、全部が弁護士会主導というのはどうかと思いますが、まずは「弁護士全体」に対するハードルを低くすることが大事であって、弁護士会が、まず一定の広告宣伝、キャンペーンをしてはどうかと思っています。

個々の事務所で、盛んに広告宣伝をうって、競争すればいいではないかという考えもありそうですが、あまり広告宣伝ばかりしている法律事務所について、受け手からどう思われるだろうかということを気にしてしまいます。

私は、個人的には、派手な広告宣伝をされると引いてしまう性質ですから。


いずれにしても、権利は自らが意識して守らないと誰も守ってくれません。
法治国家ですから、法に則って行動をしなければなりません。
現代では、ほぼすべての問題が法律に関わっていきます。
ですから、困ったときには、まず弁護士に。
あるいは、特許の申請や相談であれば弁理士に、税務であれば税理士に、と、法の分野、適用レベルに応じて、各士業ごとに全体としてのハードルを低くしていく努力が必要なのではないかなと思っています。

なお、私は、こちらでご覧頂いた通りの弁護士です。
カミソリでも敏腕でもありません。
でも、お話をしっかりとお聴きして、結論が早く出る問題では速やかに、そうではない問題では最善の道をご一緒に考えていきます。…と、敷居は決して高くはありませんという事だけ、宣伝広告しておきますね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-09-28 19:31 | 日々雑感
<< 頑張らないことの価値 一雨ごとに >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.