行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
仕事について
休み明けは、いきなり近い期限付きの依頼がいくつか待っていました。

どれも大切な仕事です。

こうして、頼まれごと、相談事をしてくださる方々があって、弁護士たる意味があります。

弁護士でなくとも、頼まれごと、相談事に対応していくことが、「働く=傍を楽にする」ことですね。
こうして生まれてきた以上、必ず各人に相応しい役割というものがあると思います。

基本的には、誰かの役に立つこと、誰かを喜ばすこと、楽しませることが仕事になります。
そして、その仕事を好きになれれば、成功しないわけはありません。

役に立つこと、喜ばばれることの総量が大きくなれば、それだけ大きな報いもあります。
役に立つこと、喜ばれることの総量を大きくすることは難しいですし、それ自体しんどいことですが、その上、相手があることですので、こちら側で抽象的に考えたところでうまくは行きません。

まずはやってみるしかありません。
自分のやれそうなこと、好きなことで、誰かの役に立つこと、喜ばれることを、とにかくはじめてみるしかありません。

そして、結果をみて、工夫して、そしてまたやってみる。
そうやって、だんだんと仕事のスキルも上がり、自他のニーズにマッチした仕事に出会い、その仕事のボリュームを大きくしていくことができるのではないかと思います。


わたしの事務所にも、12月に若い弁護士が加入してくれることになりました。
仕事のボリュームを大きくしていくことができるのではないかと期待しています。

加入してくれる若い弁護士も、これからどんどん経験し、スキルをアップさせ、近い将来わたしを超え、さらに大きな仕事をして行ってくれるものと期待しています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-08-27 18:29 | 日々雑感
<< 休暇村 夏期休暇を終えて >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.