行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
冷静に観察、検討、そして対応。
すべての人が、誠実に、ストレートに、嘘や脚色なく、物事を伝えてくれるとは限りません。

ある程度の駆け引きもあるでしょうし、感情的なしこりもあるでしょう。
自分に不利なことは隠したいのは当たり前。


突然の攻撃をされると、準備して攻撃してきた側が有利です。
意見や主張を突きつけられたりもします。

その場で反論、対抗をしようとしても、準備不足では、用意周到の相手に敵いません。
できるならば、退却して、態勢を整えてから、対処するのがよいのです。

以前にも書いたことがあるのですが、わたしの先輩、恩師である元裁判官は、「現役のころは、『急いで欲しい。』『今すぐ答えが欲しい。』という弁護士には警戒したものです。」と言われました。
何らかの事情があるのでしょうが、無闇に、相手の言うがままに合わせると、後で間違いがあっても自己責任。


そう、漫画「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」で、岸辺露伴先生が出てくるシリーズでは、慌てふためいてもよい状況下で、「冷静になれ」「よく観察しろ」という言葉を、登場人物が自分に言い聞かせています。

客観的状況を把握し、できれば相手の意見、主張、攻撃を十分に見極めてから、対応するのがよいに決っています。
ただ、そういう暇もないこともあるので、取り合えず防戦し、現状維持のままでよしとし、安全圏まで一時退却するのがよいです。

どんなに相手がエキサイトしていようとも、急げ急げと迫ろうと、十分に観察し、納得しなければ、応じることはありません。まずは、よく観察し、状況を把握するにしかず。


そう言えば、「ジョジョの奇妙な冒険・スティールボールラン16巻〜」では、登場人物に、『迷ったら撃つのを止めなさい』と語らせています。
心に迷いのある場合には、判断を避けられるものならば、避ける。
避けられないにしても、一部の判断にする、条件付きにする。


この日本では、自分の納得しないことを無理やりさせられるのは、法律的に言ったら、原則として、裁判所の決定がある場合だけ。

冷静に観察、検討、そして対応することがよいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-07-16 17:30 | 日々雑感
<< 早起き習慣は夏から 心掛け >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.