行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
作者の熱意
昨日、アメリカ・アマゾンで発注しておいた洋書が届きました。日本・アマゾンでは扱いがなく、楽天ブックス他のネットショップでも扱いがない本でした。英語でもやっているTwitter仲間に勧められた本です。

受け取ってみてびっくり。
まず、その作家(コンサル)さんの事務所の発信人ラベルがパッケージに貼ってありました。
そして、漆黒の包装紙に包まれた本が、緩衝材とともにパッケージに入っていました。
さらに、本を開いてびっくり。
売れっ子の作家さんであるはずなのに、本にボールペンで作家さんのメッセージ付きで署名がしてありました。


最近、ややスピ系かとも言われる神田昌典さんが講演CDでもおっしゃっていましたが、作者の熱意は伝わるものだといいます。

氏の講演CDであったかどうか忘れましたが、自分の著書の売れ行きを見に書店に出かけ、自分の本を目立つところに勝手に移動させたりしていたというお話を聞いたことがあります。


作り手の熱意が、見えない形でも伝わるならば、はっきり見える場合はなおさらですね。

心したいなと思いました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-07-09 12:23 | 日々雑感
<< 比較的難しい事件の増加 運動不足。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.