行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
相手のペースに巻き込まれない
金曜日の晩だったと思いますが、どこかのテレビ番組で、オレオレ詐欺電話がかかってきたときにどうしたら冷静になれるか、というお話をしていました。

何か、感動的な詩や文章を、普段から電話の横に貼っておいて、それを読むのがいいそうです。

冷静になれるというのです。


オレオレ詐欺というのは、考える暇、誰かに相談する機会を与えない。
そのまま聴いているとコントロールされてしまいます。

洗脳に近いものがあります。

だから、洗脳破りのような技術、知識が必要なわけですね。

洗脳されている状態というのは、相手が仕掛けた「臨場感空間」(苫米地英人説)に「同調」してしまっている状態です。
だから、相手が仕掛けた「臨場感空間」とは異質なものを想起できるようにすればいい。
そうすれば、冷静になれるし、「同調」は解除になります。

かのテレビ番組は、とてもおもしろかったですが、こういう「洗脳」や「承諾誘導」(チャルディーニ)の手法や、対処法は、もはや一般の人が知っておくべき常識的知識のひとつというべきかも知れません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-07-06 08:07 | 日々雑感
<< 一目ぼれテクニック 〜洗脳に関... 捨てがたい静物 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.