行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
親族間のトラブル、夫婦間のトラブル、男女間のトラブル。
相互フォローしているカリフォルニアの弁護士のHPをのぞいてみたら、「ファミリーローオフィス」とありました。

親族間のトラブル、夫婦間のトラブル、恋人同士のトラブルを専門に扱っているらしいです。


日本ではあまりみないです。
最近、借金整理、それも給与所得者の簡単な事案に特化した法律事務所は現れ始めましたが、「親族相続専門」というのは個人的には知りません。


こういった事件は、法律的にはそれほど難しい論点はないのですが、依頼者から事情を詳しく聞きだす力、相手の事情を想像する力、関係者に応じてわかりやすく説明し、理解してもらえるようにする力は必要です。
忍耐力や気配りができることも必要になります。

また、一般民事事件、財産法とは異なる原理原則や制度があることも承知しておかねばなりません。


理論や理屈だけではうまくいかないタイプの事件ですが、当事者関係者とともに考え、悩み、解決に向けて努力する過程で、当事者関係者とともに一段と成長し、これまで見えなかったものが見えるようになる感覚が得られるのは、これらの事件です。

最近は、これら事件も、いっそう複雑さを増しています。
心理学者、心理療法士や医師の友人知人たちに相談し、また当事者関係者に会ってもらうことが増えてきました。


手間や労力がかかり、決して簡単迅速に処理できるタイプの事件ではないのですが、だからこそ、当事者関係者、友人知人たちと協力して、うまく解決に至ったときの感慨はひとしおです。


事件に関わった全員が考え、悩み、成長する機会を得られるのが、このタイプの事件です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-07-02 13:02 | 日々雑感
<< 会社の破産、会社の民事再生 悪口、陰口を気にしない >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.