行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法律事務所に求められるもの
Most of young lawyers stick to gain or loss.
But clients want us to save them out of confusion.
Sometimes gain or loss doesn't matter.
If you don't understand clients real needs, you are gonna have to murmur"How come?"


Twitterを始め、売らんかな、というメッセージの氾濫。
どこに本物はいるのだ。
情報洪水の中でつぶやくこともある。

そんななかで一所懸命がんばっていそうな人に出会うとうれしい。

商売や、取引は、目先の損得だけでなくなってきています。
勝った、負けたというだけでは計れないものが、弁護士や法律事務所にも期待されていると思います。

依頼者は混乱から解放されたい、救われたいと思って、法律事務所のドアを叩きます。

ありきたりの回答、ググれば出てくるような情報を欲しくて来るのではない。
勝てばいいのでしょう。費用に見合った働きはしますよ。
電話対応が悪くたって、他人の話聞かなくたっていいでしょう。
…それではいけません。

依頼者の真のニーズを考えていかないと、業界全体の信用に関わります。

後ろめたいところがあるけれど、勝ちゃいいんだ。
言うことだけやってくれよ。
…そういう人の相手をする弁護士ならばいいのです。
誠実な依頼者の事件を扱うならば、ちゃんと話は聞いて、無理は無理ときちんと説明し、それでもリクエストの少し上を行くくらいを狙ってください。


日本の若い弁護士には、まだまだ熱いハートがあると思います。
仲間の弁護士のところで活躍するイソ弁さんを見ていて思います。
やがて当事務所に来てくれるであろうT君にも大いに期待しています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-06-18 18:51 | 日々雑感
<< 言葉について思うこと リニア中央新幹線計画で名古屋〜... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.