行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
士業種とセカンドオピニオン。
勝てる事件は絶対負けないように。

負ける事件は負けすぎないように。

その後も何らかの関わりがありうる関係での事件では、相手の出方によっては、勝ちすぎず、負けすぎずということも考えていく。


そんなことを先輩弁護士らから聞いたり、本で読んだりしたのですが、最近は、勝ちとか負けとか、本当に考えて訴えが起こされているのだろうかと思うようなことがたまにあります。

事件自体が複雑化し、また特定業界の特殊な案件といえる事件が増えて予測がつきにくくなったということも感じられます。


やっぱり、わたしたち士業種の業界でも、セカンドオピニオンが必要な時代になってきたのかなと、ふと思いました。
わたし自身も含め、業界人は、セカンドオピニオンに耐えうるだけのものを一所懸命提供していかねばなりませんね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-06-16 00:29 | 日々雑感
<< これからのビジネス潮流の行方 マイナス感情に滞まらないこと。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.