行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新聞の意義 〜情報は広角レンジで眺めることから
ソフトフォーカス、ソフトアイで速読をするというフォトリーディングに興味を持ったことがあります。
ソフトフォーカスは、情報収集に不可欠のスキルではないかと思います。


実は、この間の集まりで、「新聞を読まない若い世代」について議論がありました。
そういう新聞を読まない人たちは、インターネットニュースしか見ない、それで十分だといいます。

でも、ネットニュースは、ピンポイントで、自分の必要な情報しかアクセスしませんね。
そもそもが選択的に情報を得る傾向のある人間なのですから、それでは広がりも奥行きも生まれません。
自分の欲しい、想定した情報しか得られなくなる危険性もあります。

デジタルものは、ピンポイントで検索する際に利用するのがよさそうです。

新聞や紙媒体は、「時的に遅い」といわれもしますが、やっぱり捨てがたいです。
関連ニュースや全く別のカテゴリーに見える別紙面のニュースが底流で関連しているのを発見したり、図書広告や書評、映画批評とかを読むことで、仕事に関わる新たな情報や解決の糸口がみつかったりもします。

有益な情報を(結果的に)効率的に得ていくためには、ソフトフォーカスでの広角レンジで眺める行為というのが必要なのではないかと思います。
広角レンジで拾ってから、デジタルで深堀していけばよいのではないでしょうか。

そして、新聞は、広角レンジで情報を拾っていくのに役立ちます。
だから、新聞は今でも十分に意義を有していると思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-06-11 15:35 | 日々雑感
<< 少なくとも眺めておくこと お昼はあとで >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.