行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
懐かしのスカマン
今日の午後4時過ぎ、津島駅から須ヶ口駅にきて乗り換えを待つ間、ショッキング・レッドに髪を部分染めした男子がいました。

口元にはピアス。


彼のずっとずっと先には、明るいブロンドヘアの女子生徒2人組。

今風の下校時刻の風景だなと思って、男子のズボンを見たらびっくり。

スカマンでした。
太ももにスリータック、土管のように太く、足首あたりに向かって、きゅうっと細い。

ビーバップハイスクールが流行したころ、そしてわたしの高校時代にも流行した学ランのボトムです。

わたしは、今の、細いズボンの若者のスタイルには違和感があります。
むしろ、太いズボンが好きです。

赤毛の男子は、少し眺めて、ホントはズボンだけでも写メにしたかったのだけれど、挨拶して撮影させいただくのも面倒なのでやめておきました。


実は、わたしの新しいスーツ、大きな声では言えませんが、ちょっぴりズボンひ太い目にしてもらったのです。
「このくらいで十分ですよ」と言われたところで日和ってしまったので、気持ち太いだけなのが残念です。



スカマンは、わたしの高校時代に一番仲良しだった同級生が好んではいていました。

田舎の進学校唯一のスカマン。

わたしは、「脚が太いから」を口実に、バギー、でした。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-06-04 21:04
<< トリガーは確かにあるということ。 ふと思い出す人 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.