行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
形のないものを売るコンサル・専門家の選び方 〜続・英語をからかわれる
コンサルタントは、形のないもの、サービスを売る人です。
我々弁護士もそうです。

形のないものを買うならば、相手を良く知らねばなりません。
自分自身をも良く知らねばなりません。
自分のニーズに最も応えてくれるのは誰なのか、誰が一番自分の側に立って支えてくれるのか、良く考えねばなりません。

能力、技術、そしてモラルが高くないならば、どうして信頼されるでしょうか。
どうして選ばれることがあるのでしょうか。

形のないもの、サービスは、安価であればいいというものではありません。

返品はききません。
やり直しがきかないものが多いです。
(ハリー・ベックウィス「インビジブル・マーケッティング」参照)

能力、技術、モラルにおいて、自分の要求するレベルに達していないならば、いくら安価でも頼みたくはありません。結果が不安になります。


わたしは、何かコンサルに頼む必要が出てきたとしても、多分かの女性コンサルには依頼しません。
モラル、人間性において疑問があれば、一緒に仕事をしたくありません。

海外からのリンクは、「見込み顧客」という以上に、$マークとして相手を見ているような印象を受けるコンサルの方が少なくありません。
多くの日本の弁護士のような誠実さとかモラルとかはあまり感じられない、広告宣伝の勧誘文句にいささか閉口です。
でも、それがありのままの世界の現状なのです。

とてもいい勉強になりました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-06-02 21:00 | 日々雑感
<< 目覚めたら軽作業がいい 英語をからかわれるという経験をする >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.