行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
頼まれ事はやってみる。
頼まれ事をする。
望まれる事をやってみる。

自分で自分の道を力づくで切り開いていくだけが人生ではないと思います。

それに、
力づくで何でもやっていけるのは、特別な人だけ。
類い稀な才能に恵まれた人、全世界を敵に回してもいいと思える人。

長く幸せでいたいならば、力づくは好ましい方法ではありません。

古くから、リーダーシップ論で言われているように、
力づく→利益誘導→論理的説得→心服…と進むにつれて、目的達成のためのコストは下がって(長い目で見れば)いきます。
力づくは、直ちに強烈な逆襲に遭ったり、相手や周囲に深い恨みを残したり、自分の側の被害の予想がつきにくいです。
しかし、利益誘導以降は、自分の払うコストが予測できるし、費用対効果を計算しつつ、途中撤退も可能です。



さて、頼まれ事、望まれる事の場合はどうか。
それらが、自分の希望している方面のことであれば、長い目で見れば、自分の目標達成に役立ちます。
頼まれ事、望まれる事なので、それをするには、全く抵抗がありません。
大義名分もありますので、精神的にも余裕ができます。
相手にも、自分にも好ましい、それこそWin-Win関係になります。


自分の思ったとおりではないけれども(潜在意識では思ったとおりかもしれません)、自分と目標をつなぐ線上あるいは線付近の方面のことでありさえすれば、頼まれ事や望まれる事をし、頼まれたポジションや望まれるポジションにつき、そこで精一杯努力するならば、自分の人生に役立たないわけはありません。

もっとも、全くの悪意をもって近づく人からの頼まれ事はパスするにしかず、ですがね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-01 12:37 | 日々雑感
<< 川のごとく どんなときにも自分だけは自分の... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.